新潟雪遊び道中記

毎年恒例のトイズ社員旅行!(実は社長が一番楽しみにしている・・・)
今年はスキーの年。例年は山形蔵王に行っていたけれど「今年は北海道でパウダースノー!」と密かにたくらんでいた
私であったが・・・スタッフの「え〜、庄ノ介たちはー?」という一言で北海道から新潟へ予定変更!
昨年の沖縄ツアーに庄ノ介達を連れて行った快感を我がスタッフ達は忘れていなかった・・・。
さて、宿も決まり宅急便で大荷物を送り(ほとんどが犬物・・・、新幹線でスタジオトイズ雪遊びツアー

は出発したのであった・・・。

2月4日
朝8時、駅の「みどりの窓口」前に眠そうな人間6人とやたらに元気な犬3匹が
集結!曇り空の中、スタジオトイズスキーツアーは始まった・・・・

西荻駅から総武線をお茶の水で中央線に乗り換え(気が付けば今日は日曜日、
快速は西荻で止まらない・・・)

東京駅で更に一人合流して上越新幹線「たにがわ」に乗り、いざ!新潟へ一直線!
東京駅を出発してほんの1時間半(しっかり駅弁も食べたけど・・・)で気分は
雪国。窓の外も雪が舞い、ううう〜寒そう・・・。雷蔵と庄ノ介は熟睡モード
(さすが親子!)。とらは窓の外が気になって仕方ない・・・。

目的の「越後湯沢」に到着して新幹線を降りて「スポーツ振興石打スキー場」まで
無料送迎バスに乗り込む。
(でもお客は私たち人間7名犬3匹だけ!)外はやっぱり・・・雪。
バスで約20分。「スポーツ振興石打スキー場」の1本目のリフト到着。
ペンションに電話して荷物を取りに来てもらう間、やっと3匹を雪の上に出して
しばし開放感。雪の上で走る走る!庄ノ介は相変わらずのそのそとあちこちに
臭い付けに余念がない・・・(わずかな除雪に協力してるつもり?)

ペンションのオーナーが到着!いよいよ3匹初体験のリフト搭乗!
再度キャリーへ・・・。ちょっと長いリフト。でも3匹ともおとなしくしてくれ
てました。12時。やっとペンション到着!わお〜っ!ほんとにゲレンデの真ん前!

おまけに天気は回復の晴天。
とりあえず注意事項と鍵をもらってお部屋にチェックインして一休み!
みんなのお仕事は部屋に入ってまずトイレの設置!
これがおわってやっと3匹は自由の身。

わずかの間に3匹ともちゃんとオシッコしてくれました。(準備完了!)
1時間もすると外の誘惑にたまらなくなったKAZUちゃん。
「散歩いくよ!」の一声。わらわらとみんなで雪原散歩。
スキーヤーのいないところをさがして歩いたら目の前が真っ白の坂道発見!

(3日間ここは3匹のソリ場となった)
なんと道の両端は雪の壁。ここでKAZUちゃんの不敵な笑いと共に「エ〜イ!」
の声「?」気が付いたら雷蔵が宙を舞って真っ白な雪の中に「
スポッ!!
一瞬の出来事に雷蔵呆然!もがいているうちに「ヤア!」の声に
とらが放り投げられてた・・・「 すぽっ!」。呆然の2匹にスタッフは
みんなで雪をかけて追い打ち!あっという間に雪まみれ犬のできあがり・・・。

やっと2匹が這い出て来た頃・・・またも「とりゃ〜!」のかけ声とともに
ずぼっ!」という鈍い音・・・。

とうとう庄ノ介も放り投げ(放り落とされた?)られた。またしても雪かけの刑にあい「何すんだよ・・・」
というあきれ顔の庄ノ介。(さすが長年つきあってる庄ノ介は淡々としてました・・・)

その後はノーリードにして走ったり、やっと1匹入れるかまくらをみんなで作って遊びました。
外は思ったよりも全然暖かくて最高!(明日吹雪だったらどうしよう・・・)
ひとしきり遊んでペンションへご帰還。すっかり疲れた3匹とKAZUちゃんはヒーターの前でとぐろを巻いて一眠り。

他のスタッフはそれを尻目にトランプに大いにもえてました。
晩ご飯は寄せ鍋と黄金に輝く「魚沼産コシヒカリ!」。
冬季のレストランにワンは入れないんだけど
「他のお客さんも少ないし、いいですよ」という
オーナーのご厚意でワン達も一緒にレストランへ。
でもトラと雷蔵はイスの上でおネム・・・庄ノ介はテーブルの下で
恒例の「庄ノ介鳥」になってました。
食事の後、ペンションのワンちゃん「ルルちゃん」と初対面!
自分より大きいワンには絶対吠えるトラを心配しましたが
臭いをかいで「女の子!」とわかるなりイヤー、しつこい、
しつこい・・・

ボールをキャッチする姿にももう目がハートマークになってました。
庄ノ介は相変わらず無関心!雷蔵はうるさすぎて嫌われた・・・。
そして、夜はここで終わらない・・・9時過ぎからプレールームで
カラオケ三昧!(初日だっ!つーのに・・・)
始めはビックリして騒いでいた3匹はよほど疲れていたのか、
カラオケの音にもすぐ慣れて
それぞれ膝の上で御ネンネタイム・・・。(人間て不思議だと思っているかも・・・)
(それにしてもKazuちゃんの西城秀樹はすごかった・・・)
散々歌って踊ったカラオケ大会の後はやっとみんな温泉に入ってお休みなさい。
ワン3匹は6人の女の子の布団をわたり歩き、朝にはKazuちゃんの元に帰ってきたのでした。

2月5日
朝起きると外は昨日に引き続き快晴!朝ご飯をさっさと食べてワンとお留守番隊を残して
颯爽とゲレンデへ・・・(今日は月曜日ほとんどプライベートゲレンデ・・・)
午前中は雪の感触を確かめながら足は踊ってるぜぃ!
リフトに乗ろうとするとリフトのおっちゃんに「いいのしょってるね!たぬき?」と言われ?と振り返ると・・・
そうだ!私はパグリュックを背負っていたのだった・・・(気が付けば・・・はずかしい・・・)
お昼はペンション自慢の「トマト味噌ラーメン」を食べた(なかなか絶品!)
そして・・・午後。ペンションからソリを借りて念願の『犬ゾリ』に挑戦!
まずソリに乗るまでが大変!(だって、雷蔵がじっとしてない!)
何度かひっくり返されながらかろうじて3メートルすすんだかな・・・?
パグには犬ソリはイマイチ!(またしても根気のないKazuちゃんでした・・・)
そしてここでKazuちゃんはトラだけ拉致。(またしても不敵な笑い・・・)
トラが気が付いた時にはもうリフトの上。(しかも、おいらが入ってるの、雷蔵がチビの時に入ってた抱っこ袋やんけ〜!)
なにせお手製の抱っこ袋・・・体重制限というものがありまして、
白羽の矢が一番軽いトラにあたったわけ。
ところが、リフトを降りた瞬間・・・重い・・・スキーが前にすすまん!
必死のスケーティング!「トラ!リフトどうだった?」とスタッフの声。
Kazuちゃん「気持ち良かったみたいだよ〜、大人しかった!」
スタッフ「え〜?なんか顔がこわばってるよ・・・」
(そうだ・・・私にはトラの顔が見えなかった・・・怖かったのかな・・・)
リフトのおっちゃんにも「おっ!いいとこに入ってるね、今度は生かい?」
と笑われた・・・。
が、しかし、いくら5kgとは言え四十肩がやっと直りかけてる肩には2回の往復が限界・・・。
下に降りていくと丁度ソリ遊びの帰りの庄ノ介達と合流!
(庄ノ介と雷蔵はかなり楽しんだらしい・・・)
トラを降ろして再度身軽な身体で滑りに行った(これが間違いの始まり・・・)。
悲劇・・・それはトラをおろして身軽スキーを楽しみ始め2本目に起こった・・・・。
リフトを降りてちょっとスピードを出してみた・・・・・・
おっ!足を取られた・・・おおっ、バランスが・・・・
あっ!ヤバイ!肩から転びそうになった(無意識に・・・四十肩を庇った)左手を付いた・・・
「ああれっ?抜けない!」あ〜手が・・・身体に付いて来ないと思った瞬間鈍い激痛・・・・。
それからというもの、とにかく左腕に力が入らない腕が上がらない。
なんとか自力で起きあがりペンションまで戻ったものの激痛が抜けない
結局、ペンションのオーナーに湯沢の病院まで連れて行ってもらった。
診断は「大丈夫!折れてないし、脱臼もしてないから。
骨がちょっとずれてもしかしたらここ後ろの鎖骨にヒビが入ってるかもね」
(先生〜、明るすぎ・・・・)この日はとっても天気が良くて雪質上、
同じような患者さんが待合室にいっぱい!
ペンションにもどったころはすっかりみんな夕食が終わっていて一人寂しく晩ご飯・・・。
(約1名社員が犠牲)
でもご飯の後は午前さままでおしゃべりしてました。お題は「アニメ談義!」

2月6日
朝早くは起きたものの、やっぱりこの肩&腕ではスキーは無理!ということで今日はワン達とソリ遊びすることに
決定!(昨日、いっぱい滑っていてよかった・・・)
スキーに行く面々に「気をつけてねー」といいながら(私に言われたくないか〜)と実感!
午前中はワン達を連れてソリに行く。が、ソリをしている間にトラが肉球から出血!
よく見ると肉球が固い雪で傷ついている〜!でトラはリタイヤでイソジン消毒。
庄ノ介はソリ滑りに一生懸命!雷蔵は雪を食べるのに一生懸命!
お昼に集まってご飯を食べてスキーを引き上げた面々とあとは帰りまで再びトランプ三昧!
ワン’sはお昼寝〜。
夕方、ペンションのオーナー達にお礼を言ってリフトで下山。
越後湯沢ではかなり時間があったのでおみやげを買ったり、おいしい物を食べたり大忙し!
駅弁も買ったけど結局新幹線の中ではわん’sも人間もみんな熟睡で食べるヒマがなかった・・・
夜9時無事会社に到着!
わん’sは晩ご飯を食べて自宅にたどり着きました。
今回はお天気にも恵まれ、リフトもスキーもいっぱい初体験をしたわん’s達は気持ちよ〜く眠り、
私は再び四十肩初期状態で寝返りもままならず、寝る時は右にワン達をはべらす日々でございます。
とほほ・・・・。